常識を打ち破り、自分の答えを見つけよう!!
13歳からのアート思考
末永幸歩(著)

子育て//自己啓発
  1. ホーム
  2. 子育て
  3. 常識を打ち破り、自分の答えを見つけよう!!
    13歳からのアート思考
    末永幸歩(著)

自分なりの答えを見つけるカギになるとお勧めされていた本書。
早速購入、帯にはオリエンタルランドの中田敦彦さんも絶賛!!
「目の前の“あたりまえ”に対して、
『それって絶対じゃなくない?』って言えるかどうか。
すべてはそこから生まれる」との記載も。

著者は美術の教師で、教師らしい話の流れが理解しやすく、goodです(^^)b
特に日常的な話から色々と考えさせてくれる流れが絶妙です。

著書の言葉によると『「自分の興味・好奇心・疑問」を皮切りに、「自分のものの見方」で世界を見つめ、好奇心に従って探究を進めることで「自分なりの答え」を生み出すことができれば誰でもアーティストであるといえる』とのこと。

本書の構成は前半では、写真という現実を写し取る発明品が登場して以降、
絵画という抽象的なものの存在意義、表現について書かれています。
ここでは絵画とは何かについて挑んだアーティスト(マティス、ピカソ、ガンディスキー、ポロック等)が紹介され、

後半は、美とは何かについて大衆に問いかけたアーティスト(デュシャン、ウォーホール等)の面々が紹介されています。
現前されたアーティストを掲載しており、
小ネタ情報もあり、楽しく読み進められる本です。

私のようにピカソくらいしか知らない勉強に人には、
近代美術の流れを大まかに流れが分かるのでお勧めです。
読んでから、美術館に行くとより作品を楽しむことができます。

深く読めば、アートから様々な哲学的思考を感じたり、
自身の生き方に流用できる考えが得られる本だと思います。

興味がある方は是非読んでみてください。

※以下、アフェリエイト広告を使用しております。

created by Rinker
¥1,980 (2024/03/05 09:54:46時点 楽天市場調べ-詳細)
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村