数学の天才が日本を変える!?
アルキメデスの大戦
三田紀房(著)

工学//歴史/漫画
  1. ホーム
  2. 工学
  3. 数学の天才が日本を変える!?
    アルキメデスの大戦
    三田紀房(著)

あのドラゴン桜やインベスターZなどの漫画を描いている作者が、
今度は旧日本海軍の技術戦略をテーマにした本作を描いています。

数年前には実写映画公開され、評価も高いことを知り、読み始めました。

話の始まりは不当に安い見積もりで、巨大戦艦の建造案「大和」を
新型戦艦造船会議で通したいと考えている平山という造船中将の計画を
阻止するために、山本五十六が元帝大生の櫂 直(かい ただし)を海軍主計少佐に抜擢。

この櫂を主人公として、不当に安い見積もりの実態を暴くために話が進んでいきます。
戦艦大和、ゼロ戦等が話のネタとしてあがりますし、
堀越二郎など航空機技術者も登場します。
(登場人物の名前は実名の人物と少々改変が行われている人物がいます)

一般的な戦史漫画とは少し違った見方をしており、とても面白いです。

ちなみに本作は善悪二つの対立軸があり、主人公の櫂は彼なりの正義感を
持って行動をする男として描かれています。

これが本作(主人公)の評価の分かれ目で、
人によっては違和感を感じたりと好き嫌いが分かれます。
個人的には善悪の判断が少し主人公本位に感じます。

本作がはまった方は「失敗の本質」、「昭和16年夏の敗戦(テレビドラマでも放映)」といった本も是非読んでみてください。 太平洋戦争、組織という本質が見えてきます。

※以下、アフェリエイト広告を使用しております。

created by Rinker
¥759 (2024/03/05 09:50:35時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥3,405 (2024/03/05 09:50:35時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥838 (2024/03/05 09:50:36時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥792 (2024/03/05 10:07:46時点 楽天市場調べ-詳細)
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村