時空を超えて犯人を捜せ!
テセウスの船
東元俊哉(著)

/歴史/漫画
  1. ホーム
  2. 時空を超えて犯人を捜せ!
    テセウスの船
    東元俊哉(著)

数年前にドラマが放送されていたテセウスの船。
当時、面白くて初めの数話を見ていたけど、仕事で見れなくなって、
また見られるようになった時は最終話だった(ToT)

ふと、嫁とそのドラマの話になった時にふと気になって、
犯人は知っているけど、途中の過程を知りたくて、漫画を購入し始めました。

あらすじは1989年6月24日、北海道での出来事から始まります。
北海道にある音臼村の小学校で、児童を含む21人が青酸カリで毒殺されます。
その時に逮捕されたのは、村の警察官だった佐野文吾。
逮捕から28年後、佐野の息子・田村心は、
死刑判決を受けてなお一貫して無罪を主張する父親に
冤罪の可能性を感じ、独自に調査を始める。
事件現場を訪れた心は、そこで突如発生した濃霧に包まれ、

1989年にタイムスリップしてしまうという時空を超えて「真実」と
対峙するクライムサスペンスです。

田舎の小さな集落の閉鎖された空間や人間関係がリアルに描かれており、
疑わしい人物がたくさんいて、徐々に真相に迫っていく様子にページが進みます。
(真犯人を知っているのに次の展開が気になってしまうほどには面白い作品です(笑)

ドラマも面白かったですが、漫画も面白いです。
雰囲気とか比較しながら見るとまた違った面白さがあります。

ぜひ、ドラマも漫画も読んでみてください!!

※以下、アフェリエイト広告を使用しております。

created by Rinker
¥6,930 (2024/03/05 09:41:05時点 楽天市場調べ-詳細)

created by Rinker
¥20,328 (2024/03/05 09:41:05時点 楽天市場調べ-詳細)
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村