脳の仕組みを知ってメンタルを強くしよう
「心の病」の脳科学 なぜ生じるのか、どうすれば治るのか (ブルーバックス) 新書
林(高木) 朗子 (編集, 著), 加藤 忠史 (編集, 著)

工学//自己啓発//
  1. ホーム
  2. 工学
  3. 脳の仕組みを知ってメンタルを強くしよう
    「心の病」の脳科学 なぜ生じるのか、どうすれば治るのか (ブルーバックス) 新書
    林(高木) 朗子 (編集, 著), 加藤 忠史 (編集, 著)

「心の病」の脳科学 なぜ生じるのか、どうすれば治るのか

こんにちは。
日々仕事でメンタルにダメージを負っているポンコツサラリーマンの土星です。
メンタルがやられた時にどういう原因で、
心の病が起こるのだろうとふと疑問を感じ、調べていた時に
図書館で本書を見つけ、早速借りて読みました。

こんな人におすすめ

・心の病に関心がある方

・脳科学に関心がある方

・心と脳のつながりについて関心がある方

本書の概要

下記のような最新研究から見えてきた心の病(精神疾患)のしくみと
治癒への道筋などについて、書かれています。

・うつ病の脳では炎症が起きている?

・遺伝要因と環境要因、どちらの影響が強いのか

・統合失調症の幻覚は脳の神経回路の配線障害が原因?

・ロボットが自閉スペクトラム症の患者を支援する

・ゲノムの中を飛び回る遺伝因子が統合失調症を引き起こす?

・認知症薬でPTSDのトラウマ記憶を消せるかもしれない

・精神疾患の根治薬を実現するには …など

目次

第1章 シナプスから見た精神疾患~「心を紡ぐ基本素子」から考える
第2章 ゲノムから見た精神疾患 ~発症に強く関わるゲノム変異が見つかり始めた
第3章 脳回路と認知の仕組みから見た精神疾患 ~脳の「配線障害」が病を引き起こす?
第4章 慢性ストレスによる脳内炎症がうつ病を引き起こす?
   ~ストレスと心と体の切っても切れない関係
第5章 新たに見つかった「動く遺伝因子」と精神疾患の関係
   ~脳のゲノムの中を飛び回るLINE-1とは
第6章 自閉スペクトラム症の脳内で何が起きているのか
   ~感覚過敏、コミュニケーション障害…様々な症状の原因を探る
第7章 脳研究から見えてきたADHDの病態
   ~最新知見から発達障害としての本態を捉える
第8章 PTSDのトラウマ記憶を薬で消すことはできるか
   ~認知症薬メマンチンを使った新たな治療のアプローチ

第9章 脳科学に基づく双極性障害の治療を目指す
   ~躁とうつを繰り返すのはなぜか
第10章 ニューロフィードバックは精神疾患の治療に応用できるか
第11章 ロボットで自閉スペクトラム症の人たちを支援する
第12章 「神経変性疾患が治る時代」から「精神疾患が治る時代」へ

コラム
・ビッグデータ解析から精神疾患に迫る
・計算論から精神疾患を捉える方法
・脳神経系のエピジェネティクスと「心の病」のつながり
・ヒトiPS細胞を使って精神疾患を研究する方法
・複雑性PTSDとは
・適応障害とうつ病の間

本書の概要

16人の学者、研究者の皆さんによる最新の研究内容が1冊にまとめられています。
多くの現代人を苦しめる、うつ病、自閉スペクトラム症、PTSD、
統合失調症、双極性障害等の「心の病」は、
脳のちょっとした変化から生まれます。

誰にでも起こりうるこの病は、
何が原因で、どのようなメカニズムで生じるのか?
様々な角度から精神疾患の解明に挑む研究者たちが、
研究の最前線をわかりやすく解説しています。

そのしくみから「治る病」にするための道筋まで
丁寧に心の病(精神疾患)を脳の病気として科学的に説明されています。

本書の感想

メンタルクリニックに通っていた時に、
先生に「だれでも風邪をひくように、心も風邪をひくんだよ」と、
言われたのがきっかけで、
誰でもなる可能性がある、心の病を自分なりに勉強していました。

本書は、最前線にいる研究者たちのこれまでにわかっている知見を
惜しみなく教えてくれる良書です。

内容は多岐にわたり、非常に興味深く面白いです。
個人的には、心の病について、
表面的なことしか知らない部分もあったので、
脳にどのような異常が生じると、心(精神)に影響がでていくるのか、
学ぶことができ、良かったです。

心の病と脳の働きに関わる理論を細かく丁寧に説明されており、
興味がある人にはとても満足いく内容になっていると思いますので、
是非読んでみてください。

こちらもお勧め↓

※以下、アフェリエイト広告を使用しております。

created by Rinker
¥1,430 (2024/03/05 05:39:09時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,100 (2024/03/05 05:39:09時点 楽天市場調べ-詳細)
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村